競馬とゲーム中心のしょうもない日記
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年10月14日 (土) | 編集 |
今日は2部編成で行きますw

pangya_000.jpg


これは先日の惜しかった10人対戦大会の17番Hですw
この時点で普通にやっていれば逆転のチャンスはあったのですが、
初優勝記念に画像を撮るぞ~と思って撮った写真なので、
欲が祟ってか撮った直後にボギーをやらかしましたw

男性キャラでいいのがいないので女性キャラを使っていますw
今思えば課金するなら初期キャラ(ケン君)をCPアイテムで強化しても
よかったかなとは思いますが^^;

ウェストウィズは案外簡単なコースなので、
人にってはもっといいスコアが出そうです。。。

最近は大会でいい成績が出ません;;
ブルームーンの大会に2回挑戦しましたが、
いずれも+5、+1と目も当てられない結果www
これくらいのコースになってくると1打目から次はこうして…と
先読みをしていかないと思わぬ障害物でハメを食らいます;;

高低差も厳しい設定になっているので思わぬ海ポチャが怖く、
パワーショット(トマホーク)なんかの使いどころもよく考えないと@@

自分ではなかなかの成績だったのはアイスキャノンの-11。
これはボギー無しでの成績だったので収穫ですが、
まだまだ反省材料がたくさん><

↓自分なりのパットの考え方です
パッドはグリーン上の傾斜にかなり左右されるので難しいです><

pangya_001.jpg


これはブルーラグーンの1Hのグリーンです。
グリーン上でどんな傾斜が掛かっているかはボールの軌道上にある、
正方形のマスの黒いボールの位置(影)で判断します。

この画像から判断すれば自分の位置からカップへの直線より、
ボールの影が左に少し出ているので…

やや左向きの傾斜が掛かっているという事です。

よって、やや右向きにボールを打たないとカップから逸れてしまいます。

pangya_002.jpg


そこで、少し右に軌道をずらしてみます。
ホールまでの距離が3.5ヤードと短めなので、
これくらいの傾斜では大幅に補正する必要は無いですw

影の左右の位置についてはここまでにしておいて…。

次に上下の傾斜ですが、
ここではボールの影が手前に寄っているからやや上りの傾斜です。

ですが、僕は上下の傾斜はあまり見ず、カップの上に表示されている数字だけ見てます。
この場合、0.35mの上り坂になっているという事ですね。

003.2.jpg


とここで、打球の強さを調整する必要があります。

上の画像ですが、バーの読み方がまず問題になります。
ぱっと見た感じでは色が変わっている部分の真ん中で
カーソルを止めればいい印象がありますw

上の例では、色違いの部分の丁度真ん中の点の示す距離は3.5ヤードピッタリ。
ここでカーソルを止めるということは、グリーンが全くの平坦と仮定した時、
3.5ヤードボールが進むという事です。

しかし、上りの傾斜があるのである程度強く打つ必要があるので、
実際にカーソルを止めるべき点は3.5ヤードを示す点よりやや右です。

ここでは4.2ヤード程の点でカーソルを止めて…

pangya_004.jpg


無事入りましたw

と、これくらいなら十分簡単なのですが、
実際にはグリーンはこうも簡単では無いので色々対応するには…。

1、左右の傾斜が大きい時

理論上は上の例より左の傾斜が2倍大きい時があるとすると、
単純に右に2倍補正してやれば入ります。

2、左右に傾斜がばらついている時

例えば右にボール1個分離れた影と左にボール1個分離れた影があるとします。
この2つを足し合わせた時の傾斜は「ゼロ」です。
ということは、物凄く長いパットになっても、
左右の傾斜を足し合わせて考えれば、そのパットの平均の傾斜が割り出せます。
平均の傾斜がわかれば、カップまでの距離と相談して補正度を決めましょう。

3、上下の傾斜がばらついている時

これはおそらくカップの上の傾斜距離だけで判断していいと思いますw
ただ注意したいのは、パワーを決める時、
カップとの距離がパワーカーソルにおいてはどの位置になるのかを
見ておかないと届かなかったりします。


かなり説明しづらいですね><

大事なのは…

「パットがうまく行った時のイメージを大切にする」

ことだと思いますw

この距離でこの傾斜ならこのくらい補正したら入る。
という正確な物差しさえ作ってしまえば、上の1~3を応用できるので、
どんなパットでも入れることができるはずですw
(もちろん理論と実践は全然違います;;

後は慣れしかないような気もしますが、
慣れない内はパズル感覚でじっくり時間を掛けて補正をつかむといいかと思います^^
コメント
この記事へのコメント
お元気そうで何よりです(*‘‐^)-☆パン屋面白いみたいですねドリさんは大航海来ないのですか…オニさんと2人待っています。。良かったらo(^-^)o来て下さい~☆
2006/10/14(土) 10:35:46 | URL | 義暁 #-[ 編集]
お久しぶりです^^
大航海、楽しそうなんですが…Dさんと同じくスペックが足りません;;
UOGO?なんてもってのほかですorz
2006/10/15(日) 08:59:44 | URL | かんどりす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。