競馬とゲーム中心のしょうもない日記
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年10月20日 (金) | 編集 |
ディープインパクトから凱旋門賞後の検査で禁止薬物が検出されたようです(´・ω・`)
何が検出されたかと言うと、日本ではOK、フランスではNGの喘息薬。

やっぱり、陣営の禁止薬物に対する意識の低さという話が一番に出てきますが…
こういうルールは調査に調査を重ねてもやりすぎではありませんからね。

ただ、続報で「フランス人」医師がレース数日?前に喘息薬を投与したとかいう話が出て、
かなりややこしいことになっているみたいですね。
規定でフランスの医師資格を持っていないとフランスでは治療できないようです@@

何故フランス人医師が薬を投与したのかも謎です…。
関係者が薬をやるなと言ってあった様で、コミュニケーションが万全で無かったのかも?

ともかく、ディープの関係者がもっと何もかも徹底すべきだったのでしょうね…。

まあ、更に続報を待ちましょう。
凱旋門賞3着は失格処分が確定的ですがorz


☆チラシの裏の落書き程度の話

フランスを始めとするヨーロッパの国(どこまでの範囲かはよくわかりません^^;)は
スポーツにおいて日本人の活躍を好ましく思わない傾向が強いと言われます。
(スポーツに限らず人種差別の程度が強いという人もいますね。

例えば、冬季オリンピックのスキージャンプ競技で、
日本人の活躍を受けてのあからさまにおかしいルール改正とか…。

スポーツという点では競馬も同じ。
もしかすると…という可能性も捨てきれないのが現状です><

まあ、上にも書いたとおり、関係者の落ち度が一番に来るでしょうけどねw

ともかく、馬に責任は無いぞということで、
最後まで無事に頑張って走ってほしいものです(`・ω・´)
コメント
この記事へのコメント
あれがハリケーン シロッコより後なら フランスギャロとしては何の問題もなかったんだろうけどねw
2006/10/20(金) 08:10:54 | URL | τακα #-[ 編集]
まあ、ディープほどの馬だから、種牡馬入りしてからの価値に影響が出るとは思えないけど。

こういうことがあるとステートジャガーを(そしてメルシーステージを)思い出すなあ…。
2006/10/20(金) 18:27:28 | URL | あらきだ #-[ 編集]
おはようございます(`・ω・´)

>τの人
某所でも言われていましたねえ。
逆にフランス競馬に悪印象を持つ人もいるかもしれませんなw

>あらきださん
お久しぶりです^^
あれだけ強い競馬をしてれば…大丈夫でしょうね。
メルシーステージ懐かしい~w
競馬を見始めた頃にはもう引退前でしたが^^;
2006/10/21(土) 06:52:49 | URL | かんどりす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。