競馬とゲーム中心のしょうもない日記
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月01日 (金) | 編集 |
部屋の掃除をしていたら懐かしい「女剣士アスカ見参」を発見^^b
大航海で誰もいないときに造船中にでもやってみようかな^^;
Dさんが前におっしゃっていたのですが、このアスカのソフトがえらく高騰していますね@@
面白いうえに希少価値も高いですからね…。

>大航海時代

造船16まであと7000を切りました!
あとはお金が持つかどうかだけw
今度力士にお金貸してもらおう^^

>競馬

ちょっと疑ってしまったエイシンフラッシュでしたが、神戸新聞杯の返し馬を見ると他の馬と全然違う…。
強い馬はパッと見ただけでオーラというか、別格の雰囲気を出していますよね…。
それに勝ったローズキングダムも24キロ増ながら立派な競馬だったのでは。
菊花賞も楽しみですね^^b

・札幌2歳S

◎マイネルギブソン
○アヴェンチュラ
▲アドマイヤセプター
☆ルルーシュ
△ギリギリヒーロー
△ゲットハッピー

アドマイヤセプターが圧倒的人気になりそうですが、7馬身ちぎったとはいえ2着馬以降はかなりバテていたようだし、着差ばかりを見るのはやや危険…。
安定感からマイネルギブソン中心に行きます。新馬戦で負かした2~3着馬はすでに勝ちあがりレベルとしては高そうです。タイムがやや遅いのが気になりますが、この時期の1800m戦は極端にタイムが遅くなることもあるのでここではあまり気にしないことにします^^;
アヴェンチュラも新馬戦がかなりのいい内容。間隔があったのは気がかりですが、こちらも新馬戦のメンバーもよかったように思うので上位に。
あとは新馬戦のタイムの良かったルルーシュの一発を十分に警戒しておきたいですね。

・シリウスS

◎モンテクリスエス
○マイネルアワグラス
▲ラヴェリータ
☆ワンダースピード
△グリッターウイング
△サクラロミオ
△キングスエンブレム

少頭数ながら何から行けばいいのやらややこしいメンバー><
同条件の仁川S勝ちを信頼してモンテクリスエスから。
ダートはこれで4戦目ですが、負けたのは大外を回して届かずのマーチSと未勝利戦(勝ったスリーオリオンは現オープン馬)。ダートでは底を見せていないといってもいいぐらい。
この少頭数なら届いてもおかしくないでしょう。
ダート2000m以上なら堅実なマイネルアワグラスが相手。
ラヴェリータはやや左回り向きな感じもするんですが力は上位なので…。
休養明けでもまともなら勝ち負けしてもおかしくないワンダースピードまで。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。