競馬とゲーム中心のしょうもない日記
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月28日 (土) | 編集 |
>大航海時代

アブシンベル中層クリア
ルクソール~アブシンベル中層までクリア!
これでヨーロッパのダンジョンは一通り突破したことに。

探検家の常備薬や気付け薬を集めたいなと思ったのですが、深層はどうしても長いので探索度や券集めにはどうしても不向きな感じ。
上層でいい物が落ちているダンジョンはないかなと色々調べてみると台湾の紅毛城がいい感じ。
ちょうど冒険中に阿里山(紅毛城)を発見していたので早速いくことに。

上層は楽にクリアできる上に、台湾名産各種ももらえるし、常備薬に気付け薬も^^

せっかく来たので中層に挑戦してみることに。

紅毛城中層クリア
無事一発クリア^^b
しかし、石化攻撃が来るたびにヒヤリと…@@
おでぶ2種は石化にしてくるので気を付けてくだせえ…。

うまいことに一発でネーデルランド操帆指南書をげっとできたので、調子に乗って深層にも挑戦。

1回目は15階でやられました;;
はぐれた雑魚を襲っていたらボスのスハウエン先生がいつの間にか接近していて、回復が追い付かず。
それでもいけそうな手応えだったので、日を改めて再挑戦!

紅毛城深層クリア
無事2回目でクリア^^b(ずれた@@
15階はスハウエン先生は後回しにして、取り巻きから相手に。
障害物がごちゃごちゃとしているせいで、よく敵がはぐれるので各個撃破はやりやすいかもしれませんね。

しかし、無法船長がただの無法船員よりも弱いのはいかがなものかと思います。


>大後悔時代

・日本ダービー

◎サダムパテック
○オルフェーヴル
▲デボネア
☆オールアズワン
△ナカヤマナイト
△ロッカヴェラーノ
△フェイトフルウォー
△ユニバーサルバンク

関東地方では土曜の夜から雨がででんと降って当日は重馬場確実といわれていますが…。
予想は一応重前提でやっています^^;

サダムパテックは皐月賞ではオルフェーヴルには完敗でしたが、
重馬場になればマイナスにはならずオルフェーヴルが少しでも苦にするようならば逆転のチャンスは大きい。
内枠有利の状況でいい枠を引きましたしね@@

対してオルフェーヴルは左回りの不安が完全に消えたとも言いづらいし、
折り合いなど不明な要素がサダムパテックに比べて多いのがやや気がかり。
それでもアッサリ勝ってしまう可能性も大きいのですが…。
バッサリ切ってしまうのはあまりにも危険すぎる気がするので○にしておきますw

デボネアはデットーリやモハメド殿下の来日の方に話題が行きがちですが、
主戦の佐藤哲三さんがダービーに向けてじっくり中身を詰めてきてくれたことに好感。
もともと哲三騎手はアーネストリー、エスポワールシチーなど様々な馬にずっと調教をつけ、大きいところを勝たせてきましたしね。
皐月賞組の中では一番上積みが大きそうで面白いですね^^

重が前提ですが、オールアズワンが特注!
もともと速い脚を使えない馬で、良馬場の年明け2戦の惨敗は仕方がないです。
ここ2戦の上がりタイムを見ても上がりの速い競馬は明らかに向いていない感じだし、
おまけに皐月賞のようにあれだけ外枠では…。
一昨年のダービー馬のロジユニヴァースも似たタイプで、皐月賞惨敗から不良馬場のダービーをぶっちぎりました。
札幌2歳S勝ちや、ラジオNIKKEI杯2着の内容からしても能力は上位。コテコテの不良馬場を希望します@@

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。